2008年08月22日

フマール農園 6. ラディッシュ

5月。
山は白いほどに萌え、息吹を燃やす輝きにあふれている。
生命のヴェールは田畑までも包み、境界など存在しないことを改めて知らされる。
日本で最も美しい季節。

さまざまな植物が生えてきた。
背の高いものは、ゆうに膝小僧(ひざこぞう)を越えている。

その中に赤い実があった。
「ラディッシュだ!」
(二十日大根というだけあって、本当に成長がはやい。)

こういう時、僕はまず友人に勧めることにしている。

即座に断られ、しかたなく自分で齧(かじ)ってみた。
瑞々(みずみず)しい歯ごたえ。
ほのかな酸味。
「自然の不思議なサラダなんだ!」

他にもあった。
一番目立っているのは、ジャガイモだ。
太陽めがけて元気いっぱい葉を広げている。

・・・


posted by from_grassroots at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。