2008年10月12日

フマール農園 9. 実際のところ

8月。
夏の間、ほとんど畑を訪れなかった。

知らない間に、畑は藪(やぶ)になっていた。
2メートルの雑草(セイタカアワダチソウ、ヨモギ、牧草など)がびっしりと一帯を埋め尽くし、足を踏み入れることもできない。
「なんでも受け入れよう」と決めていたものの・・・やはりショックだった。

炎天下、2〜3時間かけて畑のすべてを刈った。
老いたセイタカアワダチソウは、木のように堅かった。
けたたましいエンジン音。舞うホコリと虫。
草払機をひたすら左右にスイングしながら、折り重なる草を見つめた。

畑の真ん中(6m×10m)は、刈りっぱなしのまま残すことにした。

それ以外のところは、草を土手に集め、トラクターで耕した。
春先と同じ何もない状態になった。

終わる頃には陽が暮れていた。
汗をびっしょりかいて、とても疲れたが、夕暮れの冷却がすがすがしかった。

「もう少し形にしないといけないな・・・」

ちょうど僕には頼もしい仲間ができたところだった。

・・・


posted by from_grassroots at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。