2008年10月30日

フマール農園 10. マルックと畝づくり

9月。
マルックは『のんびり屋』のコーヒー職人。
笑顔で「いいよ!やろうか」と言うので、ためらわず猛暑の畑へ連れ出した。

はじめて「畝」(うね)というものを作る。
何のために?
よくわからないが、あの現状を見ると、何かやらざるを得なかった。

“腰”と“考え”は軽かったが・・・地球は重かった。

連日のように鍬(くわ)を振るう2人
すぐに「休憩しよう!」と声を上げる2人

それでも終には、手つかずの真ん中(6m×10m)を二重に囲う形で、畝は完成した。

ツラい畑仕事にもかかわらず、マルックはいつも満足気だった。
鳥の詩に耳をすまし、田舎のおいしい空気をしみじみと味わっていた。
マルックは『のんびり屋』のコーヒー職人。

ありがとう、マルック。
ようやく「また一からやり直しだ」という気分になってきたよ。

・・・


posted by from_grassroots at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。