2008年11月17日

フマール農園 11. 夏のおさらい

9月。
春にあれほど蒔いたクローバーは1つも芽を出さず、かろうじてできたのは、“ウコン” “シソ” “里芋”だけ。
周りの人に話をすると、「そんなものは道端でも生える」と大笑いされた。

本来なら写真の1枚でも撮って、惨状だろうが何だろうが記録すべきだったが、それすらやる気が起きないほど先が見えなかった。

僕は何もかも知らなかった。
しかし、なぜか「知らないままやりたい」と思い、かつ結論を下すにはまだ早過ぎた。

「種を蒔きつづけよう」

畑の真ん中(6m×10m)には、こりもせずシードボールをばら蒔いた。
こしらえた畝には、“すじ蒔き”という普通のやり方を試してみた。

・・・


posted by from_grassroots at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。