2009年05月31日

フマール農園 19. ショクジュ祭

S20080430柵.jpg

5月。
「もう大丈夫。柵を作ったから。柵を作ったんだから!
・・・え〜、秋ごろからぼちぼちやりまして、このほど完成の運びとなりました。
皆さまのご協力に心よりお礼申し上げます」 パチパチパチ
林の入り口で、僕はマルックとキコリザワに植樹祭の挨拶をした。
「つきましては、念願であったfriutree、果樹を植えたいと思います。
ヤマモモ、栗、お茶、はっさく、それと・・・とにかく、行こう!神々の待つところへ!」

植えてから数日して行くと、無残にもほとんどの果樹がなぎ倒されていた。
「誰だ!こんなひどいことするのは!」
ステンレスを編み込んであるはずの防獣ネットは、あまりにも簡単に食い破られていた。

イノシシはミミズを求めて土の臭いのする場所を掘り返すという。
オロオロする僕のそばで、マルックはひとり大笑いしていた。
「悪気はないみたいだよ」
「そっか、だったら良いんだけど・・・おめぇ、完全に他人事だろ」
つまるところ、柵を作り直すより他なかった。

不思議にもヤブキタ茶(普通のお茶)の木だけが丸ごと無くなっていた。
杜仲茶の木は無事だった。(わかる気はする・・・)

C20080508畑1.JPG
一方、畑の方は、とても穏やかに世界が流れていた。
ダイコンや小松菜が種を結んでいた。

・・・


posted by from_grassroots at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。