2013年11月30日

フマール農園 78. 便りがないのが良い便り

11月。
満ち足りた旅人は便りを寄越さず。

夏野菜の残渣(ざんさ)もろとも撫で斬りにした9月。
そのあとにべんり菜を蒔いた。
べんり菜とは、小松菜とチンゲン菜のハーフ。
その名に違わず、育てるのが簡単な上、癖がなくどのような料理にもよく合う。
鍬で線を引き、そこに種をパラパラと降ろし、軽く土を被せる。だけ。
あれれ?キコリザワの言ったように、普通のやり方が一番楽じゃね。

C20121025.べんり菜.jpg C20121025べんり菜収穫.jpg
10月には間引きを兼ねて収穫。また収穫。そして収穫。
ベビーリーフはサラダに、中ぐらいのはお浸しに、巨大なものは炒めものに。
秋の葉物はスーパーで買う必要がなくなった。(これは2年連続成功しているので間違いない)

11月は果樹園に力を入れた。
いつものごとく、注文した苗木は雪が降ろうかという晩秋に届く。
せっかくの果樹の子が寒さで枯れないように、そうだ、籾殻を蒔こう。
田舎に点在している精米所をはしごするが、ない。
JAに相談に行くと、「ライスセンターに無ければもう無い」とのこと。

町外れにある人気のないライスセンターで、恐る恐る倉庫の中を覗いてみると、奥の事務所に一人のおじさんが座っていた。
「今日でもう処分しようと思っていたよ。あまりいいのはないが、それで構わんなら持って行きんさい」
両手でわっさわっさと雪を掻くシロクマのように大袋に詰めて、お礼を言って帰った。

そして苗木の足元を包んだ。
・・・


posted by from_grassroots at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。