2008年03月01日

フマール農園 1. 始まりの終わり

S20080327楠の種2.jpg     S20080327大楠2.jpg

1月。
今から一年くらい前、僕はおもむろにJAへ足を運んだ。
店内には一人の中年女性がいて、小さな農機具や肥料などが売られていた。

「クローバーの種はありますか?」

結局、僕は白クローバー、赤クローバー、アルファルファの種を1kgずつ注文した。
1週間ほどして届くとのことだった。

それから少年時代の友人を訪ねた。
「これから畑を作ろうと思う。君も一緒にやらないか?」

なぜ誘ったのか・・・“不思議な偶然”が後押ししていた。

「楠(くすのき)の種を探しに行こう」
僕は友人に告げ、一緒に楠木町へと向かった。

そこには樹齢500年の大楠があった。
空へとのびる姿に僕たちは息をのんだ。
落ちている小さな実を袋に詰めた。

・・・


posted by from_grassroots at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。